各社の引越し価格を必ず調べておきましょう

新生活をはじめる時期になりますと多くの方が引越しを行います。
その際に掛かる費用は極力抑えたいものです。
その為にも各社の引越し価格を必ず調べるようにしましょう。
料金の設定は企業によって違いますので、費用を抑えるにはそれぞれの料金を比較する必要があるのです。
しかしながら各社の料金を知るには見積もりを貰う必要があり、各社に見積もり請求するのは案外大変です。
そんな手間を嫌って比較をしない方も多いのではないでしょうか。

インターネットサイトの活用

今はそんな手間を掛けなくても各社から見積もりをもらう方法があります。
それは一括見積もりというインターネットのサイトです。
名称からも分かると思いますが、利用する事でそれぞれの企業から一括で見積もりをもらう事ができるのです。
申込も一度で済みますので、手間を掛けなく無いという方でも手軽に利用する事ができます。
集まった見積もりがを比較すればどこの業者が安いのかすぐに知る事ができます。
しかし、そこからさらに安くする方法もあるのです。

それは引越し価格の値下げ交渉です。
引越し価格の値下げが可能なのを意外に知らない方も多いのですが、実は交渉を行う事で下げてもらう事ができるのです。
頑張り次第では大幅に値引いてもらう事もできますので、是非挑戦してみましょう。
その際にも各社から集めた見積もりが役立ちます。
値下げして欲しい企業に他社の見積もり額を伝え、他の企業よりも安くならないか相談してみましょう。
流石に繁忙期になると値引き額は厳しくなってしまいすが、交渉しておいて損はありません。


引越し見積もり│一括でラクラク!100社以上の中から一番安い業者が分かる
がおすすめ情報

引越し価格を安くする為のコツを押さえておきましょう

ちょっとしたコツを押さえておくだけで引越し価格を安くする事ができます。
どんなコツがあるのか確認してみましょう。
1つ目に荷物の整理です。
荷物が多ければそれだけ引越しスタッフの数が必要になりますし、トラックの台数も増えてしまいます。
安いプランを利用する為にもまずは荷物を少なくするようにしましょう。
また、荷物を整理すれば引越し先での整理も楽になります。
普段なかなか整理できないようなクローゼットの奥まで手を入れますので思い切って分別をしてみましょう。



リストアップすることで

2つ目に不要品の売却です。
荷物の分別を行うと不要品が出てきます。
その不要品の中には価値がある物もあるはずです。
そういった価値のある物をそのまま捨ててしまうのは勿体ないので、オークションなどを利用して売却してしまいましょう。
少しでもお金に換える事ができれば引越し費用の足しにする事ができます。
3つ目に引越し業者の比較です。
業者の比較は引越し価格を安くするコツの中でも一番大切です。
業者ごとに料金設定は違いますので必ず比較を行いましょう。

比較をする為には見積もりが必要となりますので、まずは見積もりの申込みを行いましょう。
申込みを行う時に活用したいのがインターネットです。
インターネットから各社のホームページにアクセスし、そこから見積もりを申込む事で様々な割引サービスを受ける事ができます。
料金が大幅に値引きされる事もあります。
4つ目に値下げ交渉です。
各社の見積もりが集まり、安い料金の業者が分かったら数社リストアップしましょう。
そして見積もり額よりも更に安くしてもらう為に交渉を行いましょう。
ライバル企業の見積もり額を引き合いに出すのがポイントです。

引越し価格を安くしたい方必見

低費用で引越しを行うにはちょっとしたコツがあります。
どれも簡単に行える事ばかりですのでチェックしてみましょう。
基本中の基本として荷物を減らしましょう。
移動する荷物が多ければ多いほど、引越し価格は高くなってしまいます。
引越し作業員も多く必要になりますし、トラックも大きな物を利用する事になります。
荷物を減らして安い料金プランへ移行するようにしましょう。
その不要品の処分方法も大切です。
不要品は売却するようにしましょう。

比較が大事!

売却して金銭に換える事で引越し費用のプラスにする事が出来ます。
リサイクルショップへ売却する方法もありますし、オークションに出品するという方法もあります。
次に大切なのが業者の比較です。
業者によって料金設定は違いますので、適当に決めてしまうと損をする事にもなってしまいます。
必ず色々な業者を比較してから契約をするようにしましょう。
比較をする為には各社の見積もりが必要になります。
見積もりを貰う時はインターネットを活用しましょう。

インターネットから申込みを行う事で料金の割引や梱包資材のサービスを受ける事が出来ます。
業者ごとにサービス内容は違いますので、各社のホームページでチェックしてみましょう。
比較が完了し安い業者が見付かってもまだ契約してはいけません。
そこからさらに安くする為にも値下げの交渉を行うからです。
値下げの交渉を行う時はライバル企業の見積もり額を伝え、その金額よりも安くならないか相談を行うようにしましょう。
上手くいけば大幅に値引きをしてくれます。

引越し価格ってどれくらい

先日、主人の念願だった転職が決まりました。
今までは自転車で通勤していましたが、さすがに車に変えても通勤できる距離ではなかったため、引越しをしなければならなくなりました。
主人と結婚したときに、引越しをしたことがあるものの、そのときは主人のお父さんがトラックを持ってきてくれて、地道に家財道具を運んだため、業者にはお願いしませんでした。
ですが、今回は遠いところに引越すため、さすがにお義父さんには頼めず、業者に依頼することとなりました。

見積もりは数社に


引越し先の新居を探しにいったとき、不動産会社の方が引越しを業者に頼むことをお考えでしたら、何社かに見積もりを依頼されることをおすすめしますと言われました。
なるほどと思い、早速ネットで慣れない見積もりの依頼をしました。
一斉に電話がかかってきたので、とりあえず4社に見積もりを依頼しましたが、1社はどうしても時間が合わず、見積もりの依頼を取り消しました。
引越しの期日が迫っていたのと、わたしの仕事の時間との調整がうまくできなかったからです。

1社目の方は見積もりにすごく時間をかけていました。
予想していたより高額だったのと1社目で決める気がなかったので、その日はお帰りいただきました。
2社目の方は見積もりは数分で終わりましたが、お値段の交渉でだいぶ時間がかかってしまいました。
しかし、納得の価格まで下げていただいたので、2社目で決めさせて頂きました。
3社目に見積もりをとったら、さらに下がる可能性も考えられましたが、十分に満足できる引越し価格だったので、その場で決めました。
引越しも問題なくおわり、丁寧に素早く対応して頂いたので、満足しています。

引越し価格って高いの安いの

まずは、引越し価格についてインターネットなり、業者による見積もりでだいたいの価格を知っている必要があると思います。
知らずに引っ越し業者に依頼すると、そのままの標準価格になってしまうので、高いと感じたり、安くしたい人は必ず相場を知っていて損は無いと思います。
相場については、インターネットで参照したところ5月~2月単身(荷物、小)平均で45833円単身(荷物、大)平均で61362円3月~4月単身(荷物、小)平均で47450円単身(荷物、大)平均で63199円となっています。

引越しシーズンは・・・



やはり、通常時期の引越し料金にくらべて、引越しシーズンの3月~4月は少しですが、料金が高くなっています。
これはいたしかたない事なので、特にきにすることはないでしょう。
少しの金額で無理に2月などに引っ越しをすると雪などの多いところでは大変な目にあうこともあるので自分に時と場合により自分にあった状況で引越しを依頼するのが良いと思います。
無理に引越しをしても大切な荷物が痛んだりすることがあるので予定日の決定には気をつけた方が良いでしょう。

引越し価格を気にしすぎるあまりにとんでもないことになることもあります。
例えばですが、雪や台風の多いシーズンに予定をしてしまうと、引越し先で思わぬトラブルになることもあります。
荷物を引越し先で家の中まで移動して配置までしてくれる業者は問題ありませんが、やはり少し他社より価格はサービス料があるので高くなります。
しかし、このサービスの無い業者を選択してしまうと、家具が濡れたり、湿度や乾燥の影響に車の振動が加わり木製は割れる事もあります。
単純に価格の高い安いだけでは選ばないように心がけて、自分の状況により適切な価格のサービスを選択しましょう。